太陽光発電とエネルギーと環境

そして一番の問題とされているのは地球温暖化の悪化が原因ではないかといわれています。

火力発電は、原油などを消費して燃やすことによって生まれた熱エネルギーを発電させています。

そのとき原油など消費する場合大量の二酸化炭素が排出されるのです。

二酸化炭素は、地球温暖化問題を引き起こしている温室効果ガスといわれていますからこれが問題なのです。

これ以上地球温暖化を深刻化させないためには、二酸化炭素を減らしていかざるをえないのです。

現在エネルギー問題と環境問題を一気に解決する手段として大変注目されているのが、太陽光発電なのです。

一番初めに書いたように本当にその手段なのかもっと考えるべきではないかと思います。

太陽光発電市場は多額の補助金が流れビジネスとして成立しつつあります。

太陽光発電を普及させているのは、エネルギー問題と環境問題を解決するというよりは、ビジネスとして儲けるためにしているのではないかと思ってしまうこともあります。

確かに何事も普及させていくためには、ビジネスとして成立させないとうまくいきません。

しかし太陽光発電が補助金なしに普及しているなら問題ありませんが、多額の税金が回されて増やしていっているのに問題があると思うのです。