屋根の方向や傾斜角度

自宅の屋根の工場や形状によって太陽光発電を設置できないお宅というのは、実は結構多くて、屋根の傾斜角度や傾斜の方法などによっても、太陽光システムを付けられない場合もありますし、設置しても発電効率が低下する場合も多かったりします。

そうなると、取り付けられても意味が無いという現象が起きてしまいますので、太陽光発電を取り付ける前は、事前に専門業者などに調査を入念にしてもらいましょう。

そして、太陽光発電を家庭内で使用するための機械として、室内にパワーコンデンサーと呼ばれる箱を取り付けることになり、屋根に配置してある太陽電池から電線を引き込むのですが、そのためには壁に電気配線を通すための穴を開ける場合もあります。

文章で説明するほど簡単な構造ではありませんので、新築を立てている最中の方でしたら、太陽光発電を設置する予定であることを伝え、相談してみてください。

最初は太陽光発電システムを設置できるかが先でして、建て終わってから取り付けられないと言われても後戻りはできませんし、屋根の傾斜や向きについても注意が必要でして、その建物の方向に日光が当たらなければ、せっかく高価なお金を足して取り付けた太陽光発電が機能しないとか、発電量が少なくて、結局は電力会社から電気を買うことになってしまっては、無駄にお金を払っただけで、環境貢献も薄くなってしまいます。

それから、問題となっている売電に関してですが、供給電力が近隣のお宅と同じ経路から流れているとした場合、早い者勝ちと言う状態になっているので注意して下さい。